夏日の神戸からシャツを

COTO no ILOR SHIRT

078–381–7125

〒650-0024 兵庫県神戸市中央区海岸通4-5-6 コンフォート・トーユー1F

ショップ営業日 / 金・土・日・祝 11:00~20:00
ショップ準営業日 / 火・水・木 13:00~20:00
定休日 / 月(祝日の際は祝日あけ)

夏日の神戸からシャツを

How to make

2019/07/30 夏日の神戸からシャツを

1

こんにちは。いつも神戸でカジュアルシャツを手掛けるコトノイロシャツのブログをご覧いただきありがとうございます。東北南部も梅雨明して、東北北部を除いてすべて梅雨明けしたようですね。全国的に本格的な夏になってきましたので、くれぐれも体調を崩さないようにお互い注意しましょう。

ご存知の方も多いと思いますが神戸は海と山と繁華街が近い街です。しかし、この時期は歩いて移動するには辛い時期になります。レンタサイクルなどを利用して快適に、神戸の夏を楽しんでいただけたらと思います。そして今週の土曜日は49回目のみなとこうべ海上花火大会が開催されます。神戸の夏の風物詩でもありますので、ぜひご家族ご友人をお誘い合わせの上お越しいただけたらと思います。

今日の写真は布帛Tシャツの襟ぐり部分の縫製のワンシーンです。縫製をする上で、見た目や強度に関係ないステッチをかける事がよくあります。その理由は縫製の効率化やデザイン的な理由が挙げられます。写真右側のネイビーストライプの生地の見返し部分(写真中央寄り左のネイビーストライプ生地の切替部分)には、①端から少し空間をあけたステッチと②切替部分ギリギリ左側にステッチがあります。

①は見返し部分を縫い止める際に縫代を固定するためのステッチで、このような時に使うステッチは縫代幅より2mmほど控えてかけます。②のステッチは裏コバステッチといい、見返し部分を出来上りにアイロンで整えた際に見返し側に生地が少し引っ張ってくれる効果があります。この効果のお陰で、コトノイロシャツの布帛Tシャツは衿回りにステッチがない仕様にする事ができます(見返しの押さえステッチはあります)。この2つのステッチはともに、表側には関係がなく通常着用時にはまったく見えないステッチになりますが、非常に重要なステッチになります。文章ではなかなかお伝えできない技術ですが、ミシンを使って何かモノ作りをされる際は参考にしていただけたらと思います。

7月もブログをご覧いただきありがとうございました。8月のブログもお時間がございましたら、ぜひご覧くださいね♪

 

COTO no ILOR SHIRT
コトノイロシャツ ショップ&アトリエ

電話番号 078–381–7125
住所 〒650-0024 兵庫県神戸市中央区海岸通4-5-6 コンフォート・トーユー1F
ショップ営業日  金・土・日・祝 11:00~20:00
ショップ準営業日 火・水・木 13:00~20:00
定休日 月(祝日の際は祝日あけ)
*準営業日は臨時休業および時間短縮がございます。お気軽にお問い合わせください。

TOP