神戸から春シャツを

COTO no ILOR SHIRT

078–381–7125

〒650-0024 兵庫県神戸市中央区海岸通4-3-17 清和ビル1F

ショップ営業日 / 土・日 12:00~19:00
ショップ準営業日 / 水〜金・火(第2・4) 13:00~20:00
定休日 / 月・火(第1・3・5)

神戸から春シャツを

Original

2022/03/13 神戸から春シャツを

2022-03-05

こんばんは。いつも神戸でカジュアルシャツを専門に手がけるコトノイロシャツ のブログをご覧いただき、ありがとうございます。神戸も一気に気温が上がり春が一気にやってきました。シャツのシーズン到来ですね。一気に春がやってきた神戸ですが、それとともに花粉もやってきました。産まれてからずっと花粉症なのですが、今年初めて知ったことがあります。それはスギ花粉は関東が中心ということです。そういえば毎年花粉のニュースが流れはじめてもすぐにアレルギー反応が起こる事はなく、数週間経ってから出始めていました。なのでヒノキアレルギーだと思っていましたが、花粉量の問題だったんですね。花粉症の方は、これからゴールデンウィークあたりまで憂鬱な気分になるかもしれませんが、花粉に負けず楽しい春にしていきましょう!

今日ご紹介するシャツは、二枚袖シャツです(メンズ)。ジャケットなどでは二枚袖が一般的ですが、シャツでは一枚袖が一般的ですね。一枚と二枚ではどう違うのかと言うと、基本的に二枚袖は腕の形状(傾き)に合わせて袖が前に向くような形になっている点です。ジャケットなどでは基本的に身頃と袖を別々に作ることで脇線をずらす事ができ、より腕に近い形状を形成することができます。そしてシャツは基本的に身頃が完成する前に袖を付けるので、脇線をずらせず完全に前に振る事は難しいです。今回作った二枚袖シャツは、先述のふたつの間のようなシャツに仕上げています。従来のシャツ縫製のように脇線をズラさない手順にしつつ、形状を前振りになるようにしています。

横からみると人間の腕は前に向いていて、なおかつ動作も後ろ方向より前方向への可動域が大きいです。服と言うのは普段着ていてあまり感じたり考えたりすることはないかもしれませんが、そんな人体形状と動きが考慮されている道具なのです。

専門的な話になってしまいましたが、着てみるとその違いを感じていただけると思いますので、ぜひ一度お試しください。

 

*今回のブログ内容は基本的な考え方や手順について書いています。そのため「一般的」「基本的」などという言葉を多用しており、その一部を紹介していると思っていただければと思います。詳しく知りたいという方は、ぜひ神戸の直営店へお越しのうえご質問くださいね。

 

 

COTO no ILOR SHIRT
コトノイロシャツ ショップ&アトリエ

住所 〒650-0024 兵庫県神戸市中央区海岸通4-3-17 清和ビル1F
電話番号 078–381–7125
ショップ営業日  土・日 12:00~19:00
ショップ準営業日 水〜金・火(第2・4) 13:00~20:00
定休日 月・火(第1・3・5)
*準営業日は臨時休業および時間短縮がございます。お気軽にお問い合わせください。

TOP