秋空広がる神戸からシャツを

COTO no ILOR SHIRT

078–381–7125

〒650-0024 兵庫県神戸市中央区海岸通4-5-6 コンフォート・トーユー1F

ショップ営業日 / 金・土・日・祝 11:00~20:00
ショップ準営業日 / 月・火・水 13:00~20:00 定休日 / 木

秋空広がる神戸からシャツを

Original

2018/11/02 秋空広がる神戸からシャツを

2015-11-21

こんばんは。いつも神戸「コトノイロシャツ」のブログをご覧いただきありがとうございます。昨日の神戸は風が強くみなと街らしい天候でしたが、今日の神戸は穏やかに晴れていました。気温が少し低かったので肌寒く感じましたが、週明けは少し気温が上がり、シャツ一枚で快適に過ごせそうですね。週半ばにお天気が崩れそうなのが、心配ですが、、、

本日ご紹介するシャツは一種類の生地を使ったパッチワークシャツで、ピンク・青系の糸を使ったオックスフォードのストライプ生地を使用しています。オックスフォードが、無地の生地だと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが織り方の一種ですので、ストライプ生地もあるんです。でもあまり見かけない(意識してしないだけかもしれませんが)かもしれませんね。前見頃を4分割して、それぞれの見頃をストライプ方向とボーダー方向にパッチワークを加え左右で変えています。神戸コトノイロシャツでは、通常パッチワークでは折り伏せ縫いと呼ばれる手法を用いて裏の始末をしますが、このシャツに限っては表側に縫代を持ってきて、その縫代を覆うようにバイアス(斜め方向)の切替を入れています。

バイアスについて少しだけお話します。バイアスは斜め方向に生地を裁断する事(使用する事)をいいますが、さまざまな用途に用いるために使用します。今回のようにデザイン的に取り入れる場合もありますが、一般的にはバイアスの特性を活かした(生地の伸縮)使用方法として用いられる事の方が多いです。例えばカーブなどをパイピング(トリミング)する時に、地の目通りに使用すると綺麗にトリミングができませんが、バイアス裁ちした生地をを使用すると綺麗に仕上がったりします。また正バイアスという言葉がありますが、これは45℃のバイアスをさします。生地は経糸と緯糸の密度が違う事が多いですので、チェックなどの格子が入った場合は、正バイアスより若干ズラして柄を優先させる方がいい時もありますが。コトノイロシャツでは、少しの工夫をいろいろと散りばめていますのでぜひお気軽にお立ち寄りください。お待ちしております♪

 

COTO no ILOR SHIRT
コトノイロシャツ ショップ&アトリエ

電話番号 078–381–7125
住所 〒650-0024 兵庫県神戸市中央区海岸通4-5-6 コンフォート・トーユー1F
ショップ営業日  金・土・日・祝 11:00~20:00
ショップ準営業日 月・火・水 13:00~20:00
定休日 木
*準営業日は臨時休業および時間短縮がございます。お気軽にお問い合わせください。

TOP