クリスマス明けの神戸でシャツを

COTO no ILOR SHIRT

078–381–7125

〒650-0024 兵庫県神戸市中央区海岸通4-5-6 コンフォート・トーユー1F

ショップ営業日 / 金・土・日・祝 11:00~20:00
ショップ準営業日 / 火・水・木 13:00~20:00
定休日 / 月(祝日の際は祝日あけ)

クリスマス明けの神戸でシャツを

How to make

2019/12/26 クリスマス明けの神戸でシャツを

1

こんにちは。いつも神戸のカジュアルシャツ専門店「コトノイロシャツ」のブログをご覧いただきありがとうございます。昨日三ノ宮方面にある刺繍屋さんに向かっていたら、平日にも関わらず多くの方が歩いてらっしゃいました。平日なのになぜ?しかも若い方が多い。昨日はクリスマスだったんですもんね。そのうえ終業式だった学校も多かったようで、神戸の街中は幸せがいっぱい詰まっていました。みなさんは、どんなクリスマスを過ごされたのでしょうか。

2019年の通常営業も残す所3日となりました。2019年は新しい仕事を始めたという事もあり、怒濤の一年でした。そして実は12月はたくさんの嫌な思いをした一ヶ月でもありました。少し仕事が落ち着いてきたので、余計にそう感じたのかもしれませんが、、、。でも、ふと考え方を変えてみました。2020年がコトノイロシャツにとって、そして僕個人にとってよい一年であるための厄落としのようなものではないだろうかと。そうすると、すっと気持ちが落ち着きワクワクとした思いに変わってきました。考え方ひとつで人生は楽しくなるのだから、嫌な事があっても引きずらず明日を見つめようと。みなさんもよかったらぜひ試してみてくださいね。

今日の投稿写真は生地についてです。コトノイロシャツでは裁断前に「放反」という作業をいれます。放反とは生地を放置しておく事です。コトノイロシャツのほとんどの生地は天然繊維のため、洗濯等で縮みが必ず出てきます。これは基本的には防ぎ用のない事なのですが、生地が縮む理由は他にも多々あります。そのひとつがテンションによるものです。生地は製織後に加工が施され、その後筒状に巻かれて流通します。その際に機械で綺麗に生地が巻かれますが、引っ張りながら巻き上げて行きますので生地が伸びた状態になっているのです。この伸びた状態を元に戻す作業が放反です。これは綿製品だけでなく、すべての繊維に共通している事です。モノ作りをされる方で、反単位で生地を買う際は少しこんな手間をかけてみてもいいかもしれませんね(天然繊維に関しては裁断前に水通しをする事もオススメです。)

29日(日)は大掃除終了までの営業となりますので、ご来店の方は予めご連絡をお願いいたします。ステキな木曜の午後を♪

 

 

COTO no ILOR SHIRT
コトノイロシャツ ショップ&アトリエ

電話番号 078–381–7125
住所 〒650-0024 兵庫県神戸市中央区海岸通4-5-6 コンフォート・トーユー1F
ショップ営業日  金・土・日・祝 11:00~20:00
ショップ準営業日 火・水・木 13:00~20:00
定休日 月(祝日の際は祝日あけ)
*準営業日は臨時休業および時間短縮がございます。お気軽にお問い合わせください。

TOP